アートでもっと可能性を広げたい



アートの可能性を見つけていくために
今感じてることを大切にしたい。

今をもっと楽しみたい
そんな気持ちをカタチにしたのが

”artmotto ”


医療・教育現場・子育て・社会人のストレスケアまで
幅広い分野で活躍する臨床美術(クリニカルアート)を取り入れた絵画造形教室です。

お知らせ

あーと教室のご案内

初めての方も安心して参加していただけるように、一緒に楽しめるアートな時間を心がけています。

月イチあーと

月に1回のアート教室

臨床美術・絵画造形教室

絵を描くのが苦手でも大丈夫。
大人から子どもまで楽しめる
月に1回のアート教室

おやこあーと

1.2.3歳児親子アート教室

親子絵画教室

子どもの感性を育む親子時間を
大切にしたいママが集まる
親子アート教室

あーとクラス

4歳からのアート教室

宇宙を描く

もっといろんな表現を楽しみたい!
好奇心旺盛な子どもを育む
少人数のアート教室。只今準備中

あーとコラボ

ワークショップ・講座


人や地域、様々なコラボで
アートの可能性を探る
ワークショップ・講座

おうちでお絵描きしてますか?

私のアートで子育て

子どもの可能性を伸ばす力が

アートにはある!!

1歳の時えんぴつを渡すと「なんだろ?」って顔で鉛筆を色んな持ち方で遊んでいたことを思い出します。鉛筆を動かすことで描かれる線も不思議。何もかもが面白くやってみたい!気持ちが育っていく時期に、アートで子育てが始まりました。

上手く描くことが目的ではなく、目で色の刺激を受けたり、手で粘土の質感を感じたり、耳で音の楽しさを表現した子供の感性を刺激する好奇心を大切にしたいそんな気持ちで日常にアートを取り入れました。

現在5歳、描く見るを多く経験できたからか、字を書く読むもできるようにいなり、自分らしさ、オリジナルに興味を持ち日々いろいろなものが生まれています。

自分のやりたいことがあふれ出てきますし、手も器用に動かせるようになり、細かいところにこだわったり、物語のある絵や、立体的に組み立てていくことに興味を持ちはじめ創造することが楽しくなります。何をどう表現したらいいか、好奇心と探究心をもって自分で取り組むことは、生きていく力につながるのでは!?と私のアートで子育てはまだまだ続いています。

感じる心自分を表現する
楽しさを大切に

子どもから大人まで一人ひとりの個性(感性)に寄り添うアート時間。
自分の感性に気が付くと、一人ひとりの感性が面白くなります。

もっとアートに
ふれてみませんか?

アートで可能性はひろがる!

子どもたち

✓子どもの感性教育
✓おやこのコミュニケーション

感性をゆさぶる体験から
好奇心や自信を育みます。
なんだろ?試行錯誤できる
環境作りを大切にします。

高齢者

✓認知症予防対策
✓趣味や生きがい

絵を描くことが苦手な方も
楽しく参加できる制作工程。
認知症予防としても
各地域で取り入れられています。

地域・企業

✓子育て支援企画
✓地域のPR・交流活動
✓ストレス解消

コミュニケーションのツールとなり
アート思考で視野が広がり物事を
再発見するきっかけを作ります。

絵画教室
リンゴを手であじわう。”ただの丸ではないね。”
臨床美術とは?

 -clinical art-

「臨床美術とは、絵やオブジェなどの作品を楽しみながら作ることによって脳を活性化させ、高齢者の介護予防や認知症の予防・症状改善、働く人のストレス緩和、子どもの感性教育などに効果が期待できる芸術療法(アートセラピー)のひとつです。」

※「臨床美術」及び「臨床美術士」は、日本における(株)芸術造形研究所の登録商標です。